ニュース

このページを共有する
  • ツイートする
  • シェアする
  • Google+で共有する
  • ブックマーク
  • LINEで送る

2016年09月14日

2016プレナスなでしこリーグ1部 第12節ウイークリーハイライト

動画を見る

2016プレナスなでしこリーグ1部第12節が中断期間を経て、9月10日、11日に約3ヶ月ぶりに開催された。

10日(土)に開催された湯郷ベル対伊賀FCの一戦。試合は前半から伊賀FCのペースで進む。後半開始早々に伊賀FCのFW小川志保がドリブルで切り込みPKを獲得。これをMF杉田亜未が落ち着いて決め伊賀FCが先制。その後もゲームを優位に進めた伊賀FC、0-1で勝利し、アウェイで勝点3を挙げた。

10日に行われたもう1試合。リーグ戦2位につけるAC長野がカップ戦準優勝のジェフLをホームに迎えての一戦。
試合は開始早々にジェフLFW佐藤瑞夏が今季初ゴールを挙げ先制。しかし38分、AC長野MF齊藤あかねがジェフLの一瞬の隙をついて同点ゴール。前半を1-1で折り返す。
後半に入っても一進一退の攻防が続く。迎えた62分、AC長野DF坂本理保がゴール前こぼれ球を頭で押し込み2-1とする。しかしジェフLは75分、FW菅澤優衣香が体制を崩しながらも右足で決め再び同点にすると、試合終了間際の88分。MF鴨川実歩が右足でゴールを決め再逆転。2-3でジェフLが勝利を飾った。

11日(日)に行われたリーグ戦4位につけるベガルタ対5位につける新潟Lの一戦。
試合は14分、新潟LのMF八坂芽依のクロスにFW上尾野辺めぐみが頭で合わせ先制。対するベガルタは28分、CKからMF川村優理が頭で合わせ1-1とする。更に直後の32分、シュートの跳ね返りをMF中野真奈美が押し込みベガルタが逆転。後半もリードを守り切ったベガルタが接戦をものにし、2位に浮上した。

11日(日)高槻市萩谷総合公園サッカー場で最下位からの巻き返しを図る浦和が9位コノミヤと対戦。アウェイの地でゴールラッシュを見せる。36分DF栗島朱里がCKのこぼれ球に反応しミドルシュートを決め先制。更に前半アディショナルタイム、MF猶本光がゴール前のこぼれ球を決め2点目。後半に入っても浦和は攻め続け、53分、DF北川ひかるのクロスに途中出場のMF塩越柚歩が頭で合わせ0-3。更に直後の58分、DF北川のミドルシュートで4点目を挙げ、0-4で浦和が勝利し8位に順位を上げた。

11日(日)味の素フィールド西が丘で行われた一戦、首位日テレ対3位I神戸の一戦。
前半は両者互角の戦いを繰り広げる。均衡が破れたのは40分、日テレMF中里優のミドルシュートが決まり先制。後半に入ると日テレがゲームをコントロール。69分、MF阪口夢穂のスルーパスにFW田中美南が抜け出し追加点。終盤には再びMFに阪口のパスに抜け出したMF中里がこの日2点目となるゴールを挙げ、3-0で快勝。首位日テレが2位との差を勝点差7とした。

SUPOnavi.jpg

このページを共有する
  • ツイートする
  • シェアする
  • Google+で共有する
  • ブックマーク
  • LINEで送る