ブログ

このページを共有する
  • ツイートする
  • シェアする
  • ブックマーク
  • LINEで送る

2012年05月18日

日体大FIELDS横浜日体大FIELDS横浜

text by No.13大野 藍/No.2山縣 尚美

日体大サッカー部の伝統

05_nittaidai20120518.jpg

こんにちは!
今回のコラムを担当します、山縣尚美(ガッチ)と、大野藍(オオノ)です。

前回は毎年恒例行事であるお花見についての話でしたが、今回は日体大サッカー部伝統の「応援」について紹介したいと思います。

日体大のサッカー部として誇れる事の一つに、この「応援」があります。
それぞれの試合のメンバーに向けてメンバー以外の選手達が全力で歌い、試合を盛り上げたり、エールを送ります!
この応援の力でメンバーの選手は辛い時でも踏ん張れるし、メンバー、メンバー外関係なく「全員」で一丸となって戦えます!

曲数は100曲以上あり、新入生は一つ上の先輩に数曲ずつ順番に教わります。
そして、インカレまでに100曲以上ある全ての曲を覚えて全員で応援できるようにします。
又、インカレの際は「個人応援歌」といって、メンバーの選手と4年生一人一人の為に作られる応援歌もあります。
実際に新入生の時は覚えるのに必死で相当苦労します。(笑)
でもこの苦労が本当にチーム一人一人の力になるんです!!

この応援歌達は歴代の先輩達が考えた物に加え、新入生も自分達で考えて作り、どんどん新たな応援歌が加わります。
その為、歌詞には様々な思いが込められており、心に響くモノばかりです。
日体大の選手達はこの応援ががんばる源であり、これが日体大の伝統として引き継がれています。

試合の際は是非応援にも注目してみて下さい\(^O^)/

このページを共有する
  • ツイートする
  • シェアする
  • ブックマーク
  • LINEで送る